風俗のお仕事はお肌の大敵?

風俗嬢が取れないお肌のゴールデンタイム

風俗嬢の生活は不規則です。

夕方に起きて、朝方に眠るという人も多いでしょう。

10時~2時の間はお肌のゴールデンタイムと呼ばれています。

この時間帯は成長ホルモンが多く分泌されるので、肌の再生をうながしたり、痛んだ肌の修正をしてくれるのです。

この4時間の間に睡眠をとるとお肌がイキイキするので、美容業界では『若返りホルモン』と呼ばれるそうです。

しかし、風俗嬢にとってその時間帯は稼ぎ時。

昼間に営業しているデリヘルや店舗で働いている風俗嬢は良いでしょうが、夜の時間に勤務している風俗嬢は決してゴールデンタイムに眠ることは不可能です。

しかし、通常の勤務に比べて自由時間を多くとれるのが風俗業の良いところ。

OLの平均睡眠時間をご存知でしょうか?
5時間~6時間というアンケート結果があるのですから、あまり睡眠を取れていないことがわかります。

風俗嬢が朝方6時に眠った場合、8時間は睡眠時間を取ることが出来るでしょう。

質で勝負できなくても落ち込むことはありません。

睡眠時間の長さで勝負し、健康な肌を手に入れましょう!
最近では眠り始めの3時間こそがゴールデンタイムという説も生まれていますので、参考にしてみてくださいね。

 

風俗は水仕事

風俗のお仕事は水を多く使う仕事です。

お客さんの数だけシャワーを浴びたり、お風呂に浸かるわけですから、1日に4回~6回も全身にお湯を浴びることもあるでしょう。

新宿風俗求人キューティージョブの美容特集でも、風俗嬢の一番の悩みは身体の洗いすぎによる乾燥肌でした。

ヘルスやデリヘルだけでなく、ピンサロでもプレイ後に手を洗ったりうがいをする為に水に触れます。

数をこなさなくてはいけないピンサロだからこそ、手だけが荒れてしまうという事例もよく耳にします。

シャワーを浴びたり手を洗えば心身はサッパリしますが、同時に多くの刺激を肌に与えてしまいます。

刺激=ダメージ。

出来れば回数を控えたいけれど、そうは言っていられません。

最近ではお肌に優しいシャワーヘッドなどが売られていますが、接客のたびにシャワーヘッドを持ち歩くことは不可能ですし、現実的な対策ではありません。

やはり一番良いのは、プレイ後の保湿ではないでしょうか。

プレイが終わった後、少しボディークリームを塗るだけでお肌がカバーされます。

たくさん水を浴びるからこそ、細やかなケアが必要です。

お仕事の後にはたっぷりと良質な保湿クリームでお肌を労わってあげてください。

最後に、シャワーの温度にも気をつけましょう。

高い温度のお湯よりかは、ぬるま湯くらいの方が肌に良いそうです。

 

精子はお肌に良い?悪い?

精液がお肌に良いという話を聞いたことは無いでしょうか?
4年間の風俗経験の中、私は色々な風俗嬢にそのような話を聞きました。

こちらの五反田のデリヘル情報サイトのコラムでも面白可笑しく書かれていて、思わず試してみたくなってしまいましたがw

精子を顔に塗ると良いとか、飲むと良いとか…。

実際にはどうなのか調べたことがあるのですが、まず、精子はお肌に吸収されません。

たとえ肌に塗ったとしても、美肌効果などないのです。

むしろ肌荒れの原因になるといわれているので危険な行為といえるでしょう。

精子を飲むという行為ですが、精子にはたくさんの良質なタンパク質が含まれています。

しかし1度の射精で3ccほどしかないものを摂取しても、何の効果も得られないという結果があります。

残念ながら、美肌になるほどの必要量はまかなえないようです。

また、人は思いこみで効果を得られることがあります。

偽薬効果と呼ばれているのですが、全く効果のないことでも「これをすれば肌がキレイになる」と思いこんでいる事を実践すれば、実際に美肌になれることがあるようです。

実際に肌がキレイになったという人は、偽薬効果が働いたのかもしれませんね。

また、彼氏の精子であればよいかもしれませんが、感染症の危険がありますので、お客さんの精子で美肌効果を得るようなマネは絶対にやめましょう。